3月の本。

皆さん、お久しぶりです。部長の高倉です。
少し遅くなってしまいましたが、3月に行った定例書評会のレポートをお送りします。

幹事の臼井由美さんにバトンタッチ!


こんにちは。今回はメンバー最年長のわたくし、臼井由美が担当いたします。
a0225152_23194862.jpg

3月の定例会は3月30日、二子玉川にある『スパダリ』で開催しました。
オリーブオイル&バルサミコ酢のショップの奥にカフェが併設されたおしゃれなお店です。

a0225152_22465393.jpg
a0225152_22474726.jpg

さて、本題に入ります!

今回の課題図書は『きみはいい子』(中脇初枝著 ポプラ社)です。
a0225152_2336710.jpg

私はメンバーの中で唯一「母親」という立場なので、担当の際はぜひ「母と子」をテーマに含んだ本を選びたいと思っていました。

「親」の立場ではないメンバーたちはどんな感想を持つだろう? と、とても興味があったからです。

「学級崩壊」「虐待」「姥捨て山」…事前に漏れ聞いた情報から、「これは重すぎるかも」と敬遠していましたが、「手にとってよかった」と思える1冊でした。

▼「自分にも何かできるのではないか」と話してくれたのは、髪を切ってイメ-ジチェンジした最年少の江里子ちゃん。
a0225152_2312272.jpg

▼「小さな思いや りが人を救うことがあるかと思うと、一歩間違えばお節介といわれそうなことも場合によっては必要かも」と、香織ちゃん。
a0225152_23153811.jpg

▼そして、部長の優子ちゃんは「自分がどれだけ愛を持って育てられ、幸せな幼少時代を送ったかを知り、当然だと思っていたことがそうではなかったと気づいた」と語ってくれました。
a0225152_23351788.jpg

みんなの感想をまとめると、こんな感じ。

・人は誰でも「ただ愛されたい」という思いとともに生きているということ。

・親でなくても、社会の一員として悲痛な叫びに応えてあげられるのではないかということ。

・何らかの事情で親が愛情を注げないのであれば、それ以外の大人が守ってあげればいい。


「母親」である私は、こんなことを思いました。

親は日々迷いながら子どもを育て、子は「こんなふうにして欲しくなかった」という思いを大人になっても引きずって生きます。

この本のなかにも「子どもの頃、親にどのくらい愛されたか」を手繰り寄せる大人たちが登場しますが、やはり親と子には、お互いの思いを摺り寄せる時間が必要なのだと。

もしかすると、それは「母親」である私ならではの読み方、感じ方だったかもしれません。

読んでいて辛くなる場面もありますが、読後感は悪くはなく「優しい気持ち」を呼び起こしてくれる本でもあります。

みなさんもぜひ手にとってみてください!

また3月から、「私のコレクション=ワタコレ!」を持ち寄って、紹介することになりました。
次回はそれぞれが持ち寄った本についてアップします。

どうぞお楽しみに!
[PR]
by girls-book | 2013-04-22 23:29 | 活動日誌

OL、経営者、整理収納アドバイザー、編集者、ライターなど。読書好きのメンバーが不定期で東京のカフェやレストランに集まり、1冊の課題本について座談会スタイルで語り合っています。題して「本のある女子会」。


by girls-book
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る